--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02.27
Wed
リアルタイムに追いついたと書いておきながら日曜日のできごとを振り返る。
にち10の本放送を聞きながらふらふらとサイクリング。
サイゼリヤでランチ。
おれのチャリかっけーな!w

写真では分かりにくいのだが、数十人の老老男女がバズーカのような望遠レンズを構えている。なんでも百舌鳥を狙っているらしい。こんなクソ寒い中みんな暇だなあ。あ、おれもか。

さて、この日のにち10(安住紳一郎の日曜天国)の11時台のゲストは朝倉さやという20歳の若手アーティスト。民謡歌手でありながらポップスを民謡風に歌ったり、秋田弁で歌うアーティストらしい。
最初はそういう変わり種の面白系の人なのかなあなどと思っていたのだが、彼女のデビュー曲「東京」を聞いて衝撃を受けた。

すごい…
歌唱力もさることながら、圧倒的な声量がもの凄くピュアな透明感を伴って迫ってくるような、そんな印象を受ける曲だった。一瞬にして鳥肌が立った。
これは本物だ。なんとなくラジオを聞いてただけなのに一気に引き込まれた。

安住係長は油断していると自然と涙がこぼれてくるとコメントしており全く同感。

世の中にはすごい人もいるもんだ。感動した。そんな日曜日のできごと。
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://goingmywayseason03.blog.fc2.com/tb.php/29-4950bdbf
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。