--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02.24
Sun
日の出を見たくて早起きしたものの厚い雲に阻まれて拝むことはできず。

部屋からの景色はこんな感じ。見えている島は三島由紀夫『潮騒』の舞台となった神島。
IMG_2457.jpg
朝食もバイキング。
IMG_2442.jpg
伊良湖水道を通る大型船が見える。名古屋に向かう船は皆この伊良湖水道を通って行く。
名古屋で作ったクルマはここから輸出されるのだ。
IMG_2440.jpg

さて、翌日もノープランである。ホテルのエレベータに「そうだ、神島へいこう」というキャッチとともに神島の写真がポスターになって貼ってあった。思いっきりJRのパクリじゃねえか。
それでも『潮騒』の舞台となった神島への興味が湧いてきた。よし、行ってみよう。
ホテルをチェックアウトしたのち、伊良湖岬周辺を散策。
神島へ渡るのはこのフェリー
IMG_2478.jpg
ではなく、この小舟。
IMG_2488.jpg
若干不安の気持ちが芽生えたことは言うまでもないw

神島編は別で記したいので、一旦神島は置いておく。

神島から無事生還した我々は、遅めの昼食に浜松で浜松餃子を食べようということになった。昨日とは違う南側の道で渥美半島を東へ。浜松についたのは4時くらい。
しかし人気のお店はまだ開いていない模様。この後9時半から海老名で彼女とTeamARIの忘年会にコミットする予定だったので、あまりここで時間は使えない。調べると浜松IC周辺に一つお店があるらしい。ここから浜松ICまでは30分ほどかかるだろうし時間的にちょうどよいと思い、ICへ向かう。
iphoneで調べた住所に到着。
IMG_2515.jpg
空き地じゃねえか!!

こうして、僕たちの浜松餃子はSAの冷凍餃子に姿を変えたのだった。
しかし6時浜松で9時半海老名に間に合うのだろうか。そこからは休憩なしで突っ走る。富士川SAのスタバでコーヒーを仕入れ、秦野中井ICまで2時間かからず到着。疲れた。一旦伊勢原でクルマを置いて電車で海老名へ。TeamARIの宴会はとても楽しく有意義な時間だった。
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://goingmywayseason03.blog.fc2.com/tb.php/16-ce32eadc
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。